BLOG.MABATAKI.JP

2009.07.29

働かなくてもいいんじゃないか?

http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10308808731.html

働きたくなければ無理して働くことはない。そういう人たちにはベーシックインカムで生きていけるようにすれば良い。金のかかる、文化的な楽しい暮らしがしたければ、馬車馬のように働くか、頭を使って賢く稼げばよい。あるいは、金のかからないスローライフを送るのもよい。別にどちらかを強制する必要はない。しかし、金のかかる、文化的な楽しい暮らしのためのハードルは高くすべきだ。

——————————————————

“文化的な楽しい暮らし”に対するハードルは確かに、不当に低いかもしれないよね、今の世の中。時給1,000円のアルバイトなら週休2日で1日8時間働いたとして、ざっくり17万円くらいもらえることになる。決して裕福とは言えないけど、工夫すればケータイ代やインターネット回線、それに家賃を払い続けることが出来るラインだ。でも確かにそれは危険なことなのかもしれない。そのラインであれば飢えのようなものはかなりフォローされるだろうし、独り身でいる限りはその生活を続けていてあまり支障はないだろう。そのギリギリだけど一通り満足できてしまうという状態から来る雇われ側の意識が、実は今の所得落差を作っている源になっているのかもしれない。

人間って何かが不足してると思わないとがんばれない生き物でもあるし、だいたい満足してるならいいか、って雇う側も思っていたりとか。そういう風に考えてみると、時給1,000円ってけっこう生殺しみたいで危険な数字なのかも。