BLOG.MABATAKI.JP

2010.03.03

IKEAに行ってきました

何かと話題のIKEAに行ってきました。南船橋の方です。

巨大な売り場面積ながらも1本道のわかりやすい動線/サインがあるおかげで意外と迷わなかったし、実際に家具をレイアウトしたモデルルームがたくさんあって提案もわかりやすかった。1本道動線をメインに据えているからこそできる商品陳列の展開もなかなか見所だったし。行く前は巨大なホームセンターくらいの認識しか持っていなかったけど、どうやらこれはショッピングという名のエンターテイメントと解釈した方が良さそうだ。結末(レジ)の直前に惜しげもなく一押し低価格商品を並べているところとかは特にね。

けれども、IKEAが今の一般的な生活の質を押し上げてくれるのかという点については、疑問に思わざるを得なかった。絵の具をそのままひっくり返したように鮮やかな青色のボールの中で真っ当でおいしい料理が作られているシーンなんて想像できないし、あまりにも強烈な黄緑色を放つ観葉植物のフロアーにやってきたとき、てっきりそれは本物ではなく、プラスチック製の植物達なんだなと勘違いしてしまったほど。

230円でサルサソースのかかったホットドックとドリンクバーがついてくるというから思わず買ってしまった。ホットドックの素材はパンとソーセージとサルサソースだけというとてもシンプルなもので、試しに飲んでみたオレンジジュースは、あまりにもすっきりした半透明オレンジ風ドリンク。

確かにいくらお金をつぎ込んだって、IKEAよりもセンスのない商品やサービスはたくさんあるけれども、ここに投影されている生活像が大勢にとって良いものとして認識されている事実が、僕にはすごく重たい。別にマグカップを数十円で買わないといけない理由なんてないじゃん?どうせそんなに数もいらないんだし。

そんなことをこの前下北沢で買ってきた800円のコーヒーカップに入れたコーヒーを飲みながら思った。決して高級品ではないけど、昭和時代に日本人の誰かが作った中古のコーヒーカップ。これを買ってから、家に帰ってコーヒーを飲むのが少し好きになったんです。大事に使おうと思っています。