BLOG.MABATAKI.JP

2010.01.28

iPadはパーソナルコンピュータではない。

http://www.apple.com/jp/ipad/

とうとうAppleから発表されました。iPhoneとMacの間の製品。ウェブ上での事前報道の過熱ぶりはすごかったですね。

一見するとiPod Touchを大きくしただけのプロダクトで、あの過熱ぶりに比べるとあまりにも地味な印象。でもスケールが体験に大きく影響を与えるということはよくあるから、本物に触ってみるまでは”つまらない製品だ”という評価を下すのは良くないのも事実。

スケールが大きくなったことによって一番何が変わったのかといえば、パーソナルという領域から抜け出したことではないでしょうか。iPhoneはケータイのスケールなので当然パーソナルで、一方のMacはスケール自体はiPadより大きいですが、形態やインターフェイスをひっくるめて考えるとパーソナルという領域から未だ抜け出せていません。「家族で共有するコンピュータ」みたいなコンセプトの製品が度々出ては短命に終わってしまうのは、プロダクトのサイズだけが原因ではないはず。ていうかそもそも”パーソナルコンピュータ”というカテゴリにもうパーソナルって入ってるし。

iPadはその形態から考えるに、新聞や雑誌みたいにリビングに放ってあるというシーンがしっくり来ますよね。これなら例えば新聞の気になる記事を指さして家族に”これこれ、このニュース!”っていうようなコミュニケーションを取るのも自然。これがiPhoneなら家族で覗き込むには画面が小さすぎるし、ダイニングで食事中にお父さんがMacを開いているのもみっともない。向かいのお母さんにはリンゴマークしか見えないわけだし。新聞の朝刊みたいに食卓に放ってあっても成立しそうな製品って、今まであまりなかった気がする。

それに、パーソナルコンピュータでできることのほぼ全てが、こいつでできてしまうことも見逃せないですね。自分の用途で考えると、制作と打ち合わせ以外は全部できてしまう。Flash Playerさえ対応していれば、むしろ打ち合わせもこいつのほうが断然スマート。打ち合わせの度に思うのだけど、人と一緒にMacBookのディスプレイを覗き込む度に変だなあって感じるんです。そもそも複数人で覗き込むようにデザインされていないのだから。MacBookが。そういう時は画面とポインティングデバイスだけがあればいいし、散らかったデスクトップもない方がいいに決まっている。

いつも僕の鞄にはMacBookとスケッチブック、A4ファイルが入っているのだけど、これからMacBookが抜けて、A4ファイルにiPadが挟まれている、なんてことになるとすごい体験の変化が起こりそう。

3月の発売が待ち遠しいです。